短編作り(3)、(4)

こんにちは。
短編作りの報告係りを担当させて頂いたものの、
馬鹿げたミスで3回も書いてたブログが消され、
心が折れてしまい、責任を放棄していた乾でございます。
が、
今回なんと、
大先輩の羽沢南城さんからペンネームを作って頂きましたので、これからは新しいペンネームと一緒に一新した心構えでサークル活動に臨みたいと思います!
というわけで、改めて、
短編作りの報告係りを担当させて頂いた四分儀夏雪でございます。


一新しましたのでもうふざけません!
というより、もう第3会の短編作りから2週も経ってしまい、その間第4会も行われてしまいましたので、これ以上怠けてはいけませんね。

3回目と4回目は重なるメンバーは一人しかいませんので、一緒にまとめて載せようと思います!


【短編作り(2)】

2回目の短編作りのテーマは「雲」、「鍵」、「薬」でした!
誰が何を書いたか、正解を載せますと
上から順番に

枯木さん
僕(四分儀)
浅野すずめさん

でした!

そう言えば、今までは参加したメンバーを書いてませんでしたので、これからはちゃんと書いておきます、、、


【短編作り(3)】

3回目の短編作りは

くろもじさん
紺野さん
枯木さん
僕(四分儀)

で4人で行いました!

テーマは「靴」、「神社」、「真夏」でしたね。もう昼のサークル会で皆に見せてますが、サークル長が一つ一つ分析しながら誰が何を書いたか全部当ててしまったんですね。
さすがさーくるちょうです。

皆さんの文章はこちらです!

--------------------

「ごめん、靴紐結んでいい?」
「いいよ。なんならもうこの辺でよくない? こんな真夏に走ったら死んじゃう」
堤防ランニングコース、三分の二地点の神社で部活ズル休み。首元がひたすらに汗くさい。
まだ走らなければならない。来年は何処にいるかも分からない、十八の夏。

--------------------

蝉時雨が鳴り響く森の中
色褪せた赤色の鳥居
緑色に苔むした石階段
青く響く靴音と藍色のワンピース
桃色の願い事と風に吹かれる髪
たたまれた想いはグラウンドの砂埃が収まる頃
橙色の日差しを浴びながら微笑むだろう

--------------------

「ね、いちど思い切り戻ってみよう!」
一回り小さくなった木陰の神社 錆びた自動販売機に鉄の塊を落とし込んだら もう靴なんていらないわ 汗かいたプルタブを青空に鳴らして2人で笑おう

一足遅れてやってくる君と
相変わらず笑うと目が消えちゃう君と

「「君との再開に 乾杯!」」

--------------------

一年前、天王山の自習室を敗走し、人目を避けてくぐった鳥居をもう一度。暑苦しかったハイソックスとローファーの足元は垢抜け、石畳で硬質な音を立てる。思えば初詣にも来なかった。とんだ勤勉学生だ。
「あの時来た、落ちこぼれ受験生の者です」
「今年もお世話になります。恨み言をお許しください」

--------------------


【短編作り(4)】

そして先週行われた第4回目です!

参加した人は

ぼうしさん
浅野すずめさん
羽沢南城さん
僕(四分儀)

になります。

今回は僕とすずめさんのペンネームを作ってくださった南城さんも参加してくれました!
テーマは「夜空」、「道」、「手袋」です。

--------------------

傷つけるつもりはなかった。
悲しそうな彼女の表情が頭から離れない。
いつもと違って、一人で歩く帰り道はとても寒かった。手袋をしていても、手の震えがおさまることはない。
ふと頬に冷たいものが触れて、僕は上を向いた。雨が降り始めていた。
夜空はずるい。
本当に泣きたいのは僕のほうなのに。

--------------------

橋を逃げていた。
新月。
繋いでいた柔らかな掌が、ミトンを残して抜ける。
振り返ると、傷だらけの——
「!」
玄は夜半に目覚めた。
あのミトンを握っている。
同じ枕の珠璃が、あやすように撫でていた。
「私も持ってる……いや、女の子はみんなね」
面影が脳裏に宿る。
きっと置き去りにした面影が!

--------------------

ぶ厚い手袋をはめている手では何も感じ取れなかったが、それが防いでいる下腹部からは冷たくて鋭い痛みが伝わっていた。
星に満ちた夜空に憧れ、そこへ辿り着ける道をひたすら探し、歩いてきた。
綺麗な星空の中で宇宙船の破片と一緒に夜空の一部になってゆく。
正直に言ってこの最期に不満はない。

--------------------

永遠に、彼女の前に道はない。
彼女が右手を差し出すと、執事は恭しくその手を取り自身の唇へ。だがその口づけを果たさずして静止した。
扉のないこの部屋で、唯一の窓が切り取る夜空は絵に過ぎない。
彼女は動かなくなった執事の手袋を外すと、露になった鋼の腕に無表情でドライバーを差し込んだ。

--------------------



活動報告は以上になります。
皆さんもう春本の執筆に入っていますし、そろそろ期末試験期間でもありますので、しばらくは短編作りの活動が無いかも知れません。
まだ参加してない方もいますし、機会があればもっとやって見たいですねー

ではまた何か活動があったら報告しに来ます!
お読み頂きありがとうございます~

成人式? 行くわけないじゃん

新年あけましておめでとうございます。
年明け一発目のブログ更新を任されました、飛燕です。
最近部会にも顔出せてませんが、残念ながらまだ生きてます。
こんな私ですが、副サークル長に任命されました。まぁ、年功序列ですね。
特に何をする気もありませんが、サークル名が「しゅわしゅわくりーむそーだ」になるのだけは、阻止したいと思います。
えぇ、断固として。

……早々にネタが尽きました。何を書けばいいんでしょうか。

特に思いつかないので、愚痴でも吐きましょうかね。

最近、ブログ強化月間な伽藍堂ですが、皆さん個性が出てて、本当羨ましい限りです。
そもそも私は、こういう文章を書くという行為が昔から苦手なんです。
読書感想文から授業の小レポート、果ては友達に送る寄せ書きに至るまで、人の3倍時間がかかるうえに、大した評価も伴わないから目も当てられない。
このブログだって、書き始めてすでに2時間が経過してこの有様。
つくづく自分は言葉を生み出す能力に欠けているんだなと、実感します。

お前なんで文芸サークルにいるの? と、至極まっとうな疑問が飛んできそうなので、先に答えましょう。

本が書きたいからです。

いくら文章を書くのが苦手だろうと、
語彙力がなかろうと、
駄作しか生み出せなくても、
後輩の作品を読んで絶望しようと、
同期の作品を読んで死にたくなっても、
自分が納得する作品を書くまでは引退なんて出来やしない。してたまるかよ。

まぁ、伽藍堂は引退時期が決まってますから、その時は潔く消えてなくなりますので安心してください。

ということで、今年の抱負は、「納得のいく引退作品を書く」にします。

愚痴からまさか今年の抱負に着地するとは。そして何故私は、後々読み返して恥ずかしくなる文章しか書けないのか。
飛燕改め駄作製造機改め黒歴史製造機にでも改名しようかな。

はい、こんなところで、また当分部会には顔を出せませんが、見捨てないでくれると嬉しいです。
それでは。







活動報告!忘年会、忘年会、短編作り(2)!

こんにちは、乾です。

もっとゆっくり、そして丁重に始めたいところですが、事態が非常に急なので、大変失礼ですが省略させて頂く点、ご理解ください。

すぐ前のブログをご覧になっていらっしゃる方はご存知でしょうが、ぼうしさんは生きていました!
が、重要なのはそれではありません。そもそも、ぼうしさんが生きているのは当たり前なことでした。
僕はものすごく大きな勘違いをしていました。

総統の浅野すずめさんは洗脳を受け、操り人形になり、実は、黒幕から操られていました。
そして、次に知ったのは到底、信じられない事実でした。

「しゅわしゅわクリームソーダ・プロ...ト」の発案...よび主...しゃはぼう...んだっ......です!

雑音...雑音...雑音...静寂




という感じで今度もふざけてから始めます!
あらためて、こんにちは!この度はなんと忘年会を担当させて頂いた乾です。
では早速、活動の報告に入ります。
丁重な挨拶は?とつっこんでくださったんでしょうか


【忘年会1】

題にも忘年会が二回書かれていて、忘年会の題にも数字がついておりますが、理由は簡単です。
なんと伽藍堂の忘年会は二回行われたからです!

という訳で、まずは一回目の忘年会になりますね。

一回目は忘年会を担当した幹事が素人でポンコツだったのもあり、企画は色々難航していました。
が、忘年会参加予定の先輩たちに助けて頂き、というか場所、予約方法、時間などの決定・調整までしてくださいましたので、ポンコツ幹事は何もしていなかったかも知れませんね。

優しく手伝ってくださった先輩たちには本当にありがたい限りです。

先輩たちのおかげで忘年会は無事に開き、焼肉屋で思う存分肉を食べながらゆっくりと話をしました。
僕が知ってなかった先輩たちの一話や最近の話など、いろいろ聞くことができたのでとても楽しいでした。
先輩たちの洒落のある面白さに再び気づくことができた有益な時間でしたね!


【忘年会2】

二回目の忘年会は僕個人の希望に他の方の希望もあったという言い訳を混ぜ、カラオケに決定しました!
それもなんと、昼のフリータイムカラオケでした!

今回はポンコツ幹事が前回の経験を生かして頑張り、無事に良い場所を見つけ、予約も成功しました。
結局、参加する方々から手伝ってもらったり、知らせを他のチャットグループに間違って上げてしまったり色々ミスも沢山ありましたが、自分としては巡航だったと言いたいところですね。

忘年会当日のカラオケは無事に開かれ、ものすごく楽しいでした!
僕以外の全員歌が上手く、僕としては決して至ることのできない点数を目指した競合していましたのでそこは少し怖かったかも知れませんね。笑笑


【短編作り(2)】

カラオケの後、残った人員がちょうどこの前一緒に短編づくりをしたメンバーでしたので、一緒にテーマを決め、2回目の短編づくりを行いました!
今度はテーマを決める時、三人で同時に言う方式を採択、行った結果最初に出たテーマは「キャベツ」、「鳥」、「取引」でした。
が、あまりにも難しすぎて皆さんと一緒に話し合い、テーマを変えることにしました。もしあのテーマでできた短編があったら是非見させて欲しいですね。

で、次に出たテーマは無事に最終案になり、その結果物も出ました!

その結果物の公開の前に、前にあった短編の作家さんが誰なのか今明かしておきますね。
上から順番に、浅野すずめさん、僕(乾)、枯木さんです。皆さん当てられましたか?
今度も前回と同じく、一応誰が書いたのかは明かさずに上げたいと思います。
今回も当てて見てくださいね!

今回のテーマは「雲」、「鍵」、「薬」です。

--------------------
例えば秘密箱
鍵は掛かっていないのに一人では決して開けられない箱
例えば厚く垂れ篭める雲
もし切り裂くことができたら私はもう一度あなたに会えるのでしょうか
私は大きくなりました
あなたを救えたはずの薬も今ならこの手で買えるようになりました
それなのに
--------------------
夜空の星は手が届かず、流れる雲は捕まえられず、自分の想いも叶わないはずだから、奥底の頑丈な箱に入れ、しっかり閉ざしておいた。それが開いてしまったのは生憎、君が「勇気が出る薬」と言いながら渡してくれたあめ玉が鍵になったせいだった。
--------------------
珍しく鍵のかかっていない彼女の部屋の机の上には、沢山の薬の包装紙が並べられていた。それを見て僕は、上手く息が吸えなくなってしまった。
彼女は雲みたいな人だ。
いつだって何を考えているか、僕には教えてくれない。
そんな彼女は、次の日息を引き取った。
雲一つない、快晴の朝のことだった。
--------------------


これで活動報告は終了です。
読んでくれた皆さん、ありがとうございます!

もう間もなく2018年は終わってしまいますが、皆さんどうか
良いお年を!

年末ゲリラ更新!~帰ってきたぼうし~

どうも!ぼうしです!

浅野すずめの陰謀により消されたぼうしですが(12/16のブログ参照)、2018年最後の日ということで、ブログを書くために「復讐者(アベンジャー)」として現界しました。あなたが私のマスターか?(唐突なアニメネタ失礼しました)

私はただいま絶賛年末大掃除中です。冬休みをスマブラをしながら過ごしていたら大晦日まで持ち越してしまいました。
まずは机の上のプリントの整理から。授業のプリント、就活イベの広告、授業のプリント、テストの答案、プリント、やりかけの課題、就活、就活……うん、全部ゴミ!w


ところで、昨日バイトから帰ってテレビをつけたら『満島ひかり×江戸川乱歩』というオムニバス形式の短編ドラマ番組がやっていたので、思わず最後まで見て夜更かしをする羽目になりました。
満島ひかりさんといえば私は『ウルトラマンマックス』のエリー役や『ごめんね青春!』の蜂矢先生役が印象に残ってますが、独特な雰囲気がありますよね。
ドラマは、三本目の『人でなしの恋』に出てくる浮気相手の美しさに思わず見惚れてしまいました。今年は『Another』や『空の境界』を読んだので個人的にタイムリーでした(ネタバレ……)。


さて、2018年は時にバタバタ、時にまったりやってきましたが、来年はどんな年になるでしょうか。伽藍堂のこれからを担っていく後輩たちに大いなる期待を込めて。


よいお年を!

打倒しゅわしゅわくりーむそーだ!!

かたくなっちゃった


こんばんは。
寒すぎて用事がない限り布団の中に引きこもっています、浅野すずめです。

先々週のブログで、自分がサークル長に就任したことが(一応)書かれていたとは思うのですが、ちゃんと自分でも報告しておこうと思います。(少し遅くなりました、ごめんなさい)


では、改めて。
今年度、文芸サークル伽藍堂のサークル長を務めることになりました、浅野すずめです。
なんだかんだ就任して1ヶ月になるのですが、未だにサークル長と呼ばれても自分のことだとは思えないし、溜まってる仕事も先延ばしにしちゃってるし、こんなんでいいのか!と思ってはいますが、先輩方が創り上げてきた伽藍堂の雰囲気を壊さないように、次のサークル長に引き継ぐまで頑張りたいと思います。
一年間よろしくお願いします!


ということで、伽藍堂は新体制のもと、活動をしていくことになったのですが。
サークル長になったしなんかしなくちゃ!って思ったので、サークルメンバー協力のもと、定期的なブログ更新をはじめることにしました。

少しでも伽藍堂の雰囲気だったり、活動だったりが伝わるといいなぁと思っています。
暫く続くので、是非読んでみてくださいね。





せっかくなので自分も事務的なことじゃないことを少し書きましょうか。


自分、ひらがなが好きなんですよ。(唐突)


ひらがなってなんかやわらかくて、漢字よりやさしい感じがするんですよね。

だから自分は「可愛い」って書くよりも「かわいい」って書きたいし、「温かい」も「あたたかい」って書きたいんですよね。

小説を書く上ではこれの使い分けも表現の工夫なのかなと思いつつ、迷ったらひらがなの方を使っちゃってる気がします。

まあ、だからといって小説を全部ひらがなで書くわけにはいかないので、限度はあるのですが、他の人よりはひらがなを多用してるんじゃないかなぁと思います。
あ、だからといって伽藍堂をしゅわしゅわくりーむそーだに改名しようとかは思ってないですからね

スマホとかパソコンで文章を打つと、自動変換で漢字が出てくるのでなおさら漢字を使いがちなのですが、普段漢字でしか書かない名前とかをひらがなで書いてみると、印象が違って面白いので、是非試してみてください。


はい、今回はこんな感じで終わりにしたいと思います。(不慣れすぎて文字打つのに疲れちゃった)

最後までなんか堅く書いちゃったんですけど、許してください。
前の人たちみたいに面白く書けなくてごめんなさい。
機械音痴すぎて文字を羅列することしか出来なくてごめんなさい。
慣れない就任挨拶とかしたら調子がつかめませんでした。




では、もう今年も終わりになりますが、来年も伽藍堂をよろしくお願いします!みなさん良いお年を!

Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR