みみざるれぽーと⑱

 お久しぶりです。みみざるです。

 かれこれ7時間ほど記事作成画面と向き合っていますが、話がまったくまとまりません。困った。

 と、とりあえず、文フリの告知でも。

 5/1(日)の文学フリマ東京に、新刊『まどろみとぜんまい』を携えて参加します! 興味のある方は是非ブース【ケ-7】にお立ち寄り下さい。

 はい。前回の奏雨さんのコピペですね。いや、マジで、何をどう書いたらいいのか分からんのだ。

 前回に乗っかるとして、好きな戦国武将なら、僕の場合、鍋島直茂公について書くことになるわけですけども、二回連続で戦国武将の話をしてもアレだなぁという感じもしますし、何より7時間の試行錯誤の中で上手くまとまらなかったので止めにします。

 好きな◯○で「え? 誰それ?」となった話なら、僕の場合、好きな三国志の登場人物で「賈詡文和」と答えたときのことが該当するわけですけども、やっぱり7時間の試行錯誤の中で上手くまとまらなかったので止めにします。奏雨さん同様、気になる人は調べてみてネというスタンスで。

 とすると事故紹介の話……? といっても、僕は事故るほど真剣に自分を売ろうとしたことがないんですよねぇ。

 あ! 一件ありました。中学時代末期、高校入試の面接試験対策で、その練習をやっていたときのことです。

 僕は面接官(の役をする中学校の先生)に「中学校での一番の思い出は何ですか?」と聞かれました。練習とはいえ、こんな下らない質問をされたにもかかわらず、ツバを吐くのを我慢した僕は偉いと思います。

 仕方なく、掃き溜めの鶴を探す作業を始めました。けれど、やっぱりゴミしか出てきません。

 どうせ練習だし。真面目にする意味ないし。段々どうでも良くなってきて、僕はこう答えました。

 「友人に醤油を飲ませたことです」

 中学時代、他人の水筒を勝手に飲む奴がいました。特に僕はやられていました。そこで、僕は一計を案じました。水筒を二つ持って行ったのです。片方は自分用に飲用水を、もう片方はトラップとして、唐辛子を二時間くらい煮つめた激辛醤油を入れて。

 これが驚くほど綺麗に決まりました。いやぁ、あのときは本当に気持ちよかった。「おい、やめろよ。勝手に飲むなよ」とわざとらしく言ってみせる僕の目の前で、奴はまんまと醤油入りの水筒に口をつけました。直後、顔色を変えて教室を飛び出していった友人を見て大爆笑したものです。

 この一件は程なくして先生にバレましたが、僕は「自分の水筒に何を入れようと自分の自由だ」という極めて真っ当な理由を一貫して主張し事なきを得ました。むしろその友人の素行を知っている担任からは、「よくやった」と褒められました。

 ちなみにこんなエゲつない変化球をぶつけられたにも関わらず、面接官(役の先生)は顔色一つ変えませんでした。真面目な方だったんですね。「面白い話だが、入試の面接で語るには適さない」的なアドバイスをくださいました。

 今思い返しても、馬鹿だったなぁと思います。先生によっては怒鳴られてましたよ。あんなのはね、適当に運動会とかほざいとけばよかったんです。でもね、中学生だからね。仕方ないね。


 (みみざる)
スポンサーサイト

告知 + 小西行長さんってご存知ですか?

皆さま、こんばんは。
ブログ更新を仰せつかったものの、告知に関しては既に行ってくれたようなので正直書く内容がなく、現在絶賛困惑中の奏雨です。



とりあえず必要なのかは不明ですが、文学フリマおよび批評会の再告知から。

まずは5/1(日)の文学フリマ東京に、新刊『まどろみとぜんまい』を携えて参加します!
理系の方々はぜんまいと聞くと某螺旋状のばねのことを思い出すかもしれませんが、此方は「おとぎばなし」をテーマにした珠玉の作品群です。
其々の執筆者の中に眠った「おとぎばなし」を共に読み解いてみませんか?
興味のある方は是非ブース【ケ-7】にお立ち寄り下さい。

また、5/7(土)には今年度初めての批評会を行います。
新入生の皆さんの作品に触れられるのが今から楽しみです。



さて、告知も終わってしまいました……。後は何を書きましょうか……?
取り敢えず面白い話かどうかはわかりませんが、字数稼ぎの為に、先日私が仕出かした大失態について記しておくことにします。

実は先日、大学の講義で自己紹介プレゼン+質疑応答をする機会がありました。

日本史が好きです~とか、冬に小谷城に行ったら雪山登山を決行する羽目になって命の危険を感じました~とか、大学在学中に東京で幕末史跡巡りをしたいです~とか、当たり障りがない(と心から信じたい)ことを語り、いよいよやって来た質疑応答の時間。

「好きな戦国武将は誰ですか?」

聞かれた瞬間に、頭が真っ白になりました。
いや、好きな戦国武将なんて言われても、そんなの沢山いすぎて語りきれないじゃないですか!

取り敢えず一人に絞ろうと必死に頭を働かせる私。

石田三成さん……? いや、でもゲームの印象が強いよね? 私が好きなのは史実だし、でもそれを語っている時間はないし……。
じゃあ大谷吉継さん……? いやいやきっとマイナーだよね……。
焦って焦って出て来た名前は……。

「こ……小西行長さんです!」

言った瞬間に、教室の中に「誰それ?」みたいな笑いが起きました。

いや、完全にやらかしました。大谷さんをマイナーだからと除外しておいて、更にマイナーと思われる小西さんの名前を口走るなんて、一体何を考えていたのでしょう、当時の私は。
時代の流行にのって素直に真田信繁さんと言っておくべきだったと直ぐに後悔しました。

ちなみに小西さんってやっぱりマイナーなんですかね?
好きだという方がいたら是非お友達になってほしいところです。
ちなみに小西さんについて知りたい方は、是非調べてみて下さいね。今此処で書くと、とんでもない文章量になりそうなので。



さてさてこんな下らない話でこれだけの文字数になっていました。
果たしてこんな内容で良いのでしょうか……? 良いことにしておきます。おかせて下さい。

それでは今回はこのあたりで失礼致します。また機会があれば、そのときにはもう少し楽しい話題をご提供できるように頑張ります!


(奏雨)




5.1、そして5.7。

こんばんは。
どうもゼミでトランペットを吹くことになりそうで、1年ぶりに半ば恐る恐る楽器へと息を通した、はぎわらです。
はじめはくちびるに若干の硬さを感じましたが、しばらく現役の頃の基礎練を続けていると、感覚は徐々に蘇ってくるものですね。曲を吹くのに、必要なくらいには間に合いそう。

さて、伽藍堂にも久しぶりに、外部イベントへのお出かけする季節がやってまいりました。その名は、文学フリマ東京。5/1(日)に、東京流通センターにて行われますイベント。我らが伽藍堂のブースは【ケ-7】です。
今回は新刊『まどろみとぜんまい』を携え参加いたします。五人の執筆者による「おとぎばなし」を題材にした筆の踊りを楽しんでいただけることでしょう。いままでぼくたちの知らなかったおとぎばなしの続きや、いまもまだ終わらない、かつて語られたそれぞれの物語の暗示するテーゼ。彼らは、それぞれの素材をどう世に問い、物語の外の世界へと侵犯するのでしょうか。その現実と空想の境界はとてもぼんやりとしていて、しかしそこにある扉を、歯車の音を立てて開いてみなければ、わからないのです。
ぜひ五月一日は伽藍堂のブースにお越しください。また、弊サークルの活動を覗いてみたいという新入生の方も歓迎します。メール(ynu_bungei@yahoo.co.jp)にてご一報いただければ、会場をご案内いたします。

そしてこちらも久しぶりのことであります。来る5/7(土)に、批評会を行います。
なによりも、新入生の作品が楽しみですね。小説、短歌、俳句、詩……いったい、どういった声が、彼らからぼくたちに投げかけられるのでしょうか。ひょっとしたら、今回が処女作を発表するという方もいらっしゃるのかもしれない。
そして、これはぼくにとっても久々に小説を書く機会になりそうです。実は今回の新刊『まどろみとぜんまい』には、諸般の事情により企画が終わった段階で、一度横浜を離れることになってしまい、それ以降の慌ただしさで、ものを書くという状況ではありませんでした。
感覚を、文章のほうでも取り戻さなければ。
批評会後には食事会(焼肉)を予定しています。原稿も焼肉もまだまだ間に合いますので、奮ってご参加ください。

もちろん、部会への見学、そして入部もお待ちしております。それでは、またの機会にお会いしましょう。

(はぎわら)

新刊、新歓、大震撼!

みなさんこんばんは!
伽藍堂の春男こと、はぎわらです。

現在伽藍堂では、新入部員を募集しています!
新歓向け新刊の名は『はるうらら』。
昼の部会にいらした方に、差し上げております。
「小説やエッセイ、詩といった作品を発表したい!」「挿絵や装幀をしてみたい」「編集さんになりたい」……伽藍堂でぜひ一度、楽しみながら経験してみませんか? あなたの構想と企画が、実物の本になります(^^)
もちろん、未経験者も大歓迎です♡ かくいう僕も、高校まではトランペットを吹いていたので(いまでも時々、吹いてるケド)。
二年生以上の方も、いらしてくださいね!
部会は毎週月曜と水曜に行っています(場所はTwitterにて逐次発表)。ぜひお越しください。

また、伽藍堂は5/1(日祝)に開催される『文学フリマ東京』にも参加いたします。そちらでも新刊を発表しますので、『即売会に行ってみたい!』という方もご一報ください。ご一緒にブースを回りしょう!

はぎわら
Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2016/04 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR