5.1、そして5.7。

こんばんは。
どうもゼミでトランペットを吹くことになりそうで、1年ぶりに半ば恐る恐る楽器へと息を通した、はぎわらです。
はじめはくちびるに若干の硬さを感じましたが、しばらく現役の頃の基礎練を続けていると、感覚は徐々に蘇ってくるものですね。曲を吹くのに、必要なくらいには間に合いそう。

さて、伽藍堂にも久しぶりに、外部イベントへのお出かけする季節がやってまいりました。その名は、文学フリマ東京。5/1(日)に、東京流通センターにて行われますイベント。我らが伽藍堂のブースは【ケ-7】です。
今回は新刊『まどろみとぜんまい』を携え参加いたします。五人の執筆者による「おとぎばなし」を題材にした筆の踊りを楽しんでいただけることでしょう。いままでぼくたちの知らなかったおとぎばなしの続きや、いまもまだ終わらない、かつて語られたそれぞれの物語の暗示するテーゼ。彼らは、それぞれの素材をどう世に問い、物語の外の世界へと侵犯するのでしょうか。その現実と空想の境界はとてもぼんやりとしていて、しかしそこにある扉を、歯車の音を立てて開いてみなければ、わからないのです。
ぜひ五月一日は伽藍堂のブースにお越しください。また、弊サークルの活動を覗いてみたいという新入生の方も歓迎します。メール(ynu_bungei@yahoo.co.jp)にてご一報いただければ、会場をご案内いたします。

そしてこちらも久しぶりのことであります。来る5/7(土)に、批評会を行います。
なによりも、新入生の作品が楽しみですね。小説、短歌、俳句、詩……いったい、どういった声が、彼らからぼくたちに投げかけられるのでしょうか。ひょっとしたら、今回が処女作を発表するという方もいらっしゃるのかもしれない。
そして、これはぼくにとっても久々に小説を書く機会になりそうです。実は今回の新刊『まどろみとぜんまい』には、諸般の事情により企画が終わった段階で、一度横浜を離れることになってしまい、それ以降の慌ただしさで、ものを書くという状況ではありませんでした。
感覚を、文章のほうでも取り戻さなければ。
批評会後には食事会(焼肉)を予定しています。原稿も焼肉もまだまだ間に合いますので、奮ってご参加ください。

もちろん、部会への見学、そして入部もお待ちしております。それでは、またの機会にお会いしましょう。

(はぎわら)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR