コミケ初参加を終えて

 どうもぶっちょです。

 今日、8月11日はコミックマーケット84」の二日目。
 私達横浜国大文芸サークルもこの「コミケ」に初参加し、これまでの告知通り東フ―06aで新刊の文芸誌「風見鶏」と既刊の販売を行いました。


 実は私はコミケに参加したことがありませんでした。
 そのため朝早くにもかかわらず既にできているコミケ目当ての人混みには本当に困惑しました。特に大井町から国際展示場へと向かうりんかい線の電車のがもう通勤ラッシュの如くで……

 国際展示場駅にたどりつけたからといって安堵できたわけではありません。7時半頃国際展示場駅を出ましたが、会場に向かう途中で見える長蛇の列ができたコンビニ、空く気配のないトイレ、それら二つを上回る規模の待機者の列……知識として知ってはいましたが、いざ間近で見ると圧巻(?)でした。

 そのエネルギーを他に使えないのかと

komiguai_convert_20130811193548.jpg

 10時まで並ぶ人達を尻目に参加サークルとして事前入場し(事前入場者だけでもかなりの人数でしたが)、早速準備にとりかかります。動く歩道が動いてなくてちょっとショック……

準備


 配分された場所にあるのは椅子二脚、発行した文芸誌、その他チラシなどなど。整理整頓して新刊や既刊を配置し、下の写真のようにしました。

20130811190753748_convert_20130811193157.jpg

 左奥は既刊「伽藍堂」、中央奥は先輩であるひざのうらはやおさんの個人誌「H×H」、左手前は清陵際で発行した「椿」、そして中央手前にあるのが今回の新刊「風見鶏」です。
 「風見鶏」は新一年生のサークルメンバーも参加した180ページの文芸誌で、編集は藤原さんが、中身のデザインは白山雪さんが、表紙デザインは江東せなんさん(この前のテーマ小説でMVPに輝いた人!)が担当。非常に素晴らしい文芸誌が出来上がったと思います。

表紙
江東せなんさんがデザインしてくれた風見鶏の表紙。

 
 しかし、残念ながらコミックマーケットでは二次創作や18禁ものの同人誌などが主流であり、小説――しかもオリジナル小説を求めてコミケに足を運ぶ人はごく少数です。開始当初はどの人もお目当てのものに夢中で「風見鶏」に視線すら向けず、時間がたって落ち着いてきてもちらりと見て通り過ぎる人ばかり。
 中高大の学園祭などでは基本こういうことに興味を持つ生徒や保護者が一定数来てくれるのですが、それに慣れていたのでさすがにはじめの方は心が折れかけました。

 それでもお昼を過ぎると次第に売れ始め、終わるころにはそれなりに売りさばけたので一安心。彼岸堂さんやひざのうらさんも様子を見に来てくれた上、付近のサークルや創作系のサークルとの交流もできたので、私としてはとても楽しく実りのあるコミケ出店ではなかったかと思ってます。
 重いトランクを雪駄はいて運ぶ部長が心配でならない


 編集・発行に尽力してくださった先輩方、暑い中販売に奔走された先輩方、わざわざ顔を出しにきてくださった先輩方、原稿を提出してくださったサークルメンバーの皆さん。本当に、お疲れ様でした。
 そして文芸誌を購入してくださった方々、優しく接してくれた他大学の文芸サークルの皆さんにも、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!


 ――話は変わりまして、常盤祭。
 常盤祭用の原稿は9月20日までです。
 8月中には手を付けておきましょう!

 ※         ※

 どうでもいいですが今日の帰りに先輩方とラーメンを食べました。
 といってもつけ麺ですが、美味しかったです。ただ私が頼んだ「醤油つけ麺」と「それより50円安い醤油ラーメン」は大差なかったのではと今でももやもやしています。
 自分で書いてて本当にどうでもいいと確信。


 ではみなさん、熱中症にはくれぐれも注意を!

(ぶっちょ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR