スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学フリマ訪問レポ

 こんばんは、ぶっちょです。
 文芸サークルは明日も引き続き文芸誌・詩集等を販売しています。是非お立ち寄りください!
 山の上の大学ですけど、横浜からバスがありますから……

文学フリマに行ってきました!

 今日は「第十七回文学フリマ」に(出店はしていませんが)サークルメンバーとともに行ってきました!

 午前十一時。流通センター駅(東京モノレール)前に集合しました。

ekimei_convert_20131104195327.png

 予定メンバーの5名が全員そろったところで、いざ文学フリマの会場である東京流通センターへ。
 流通センターE・F館の入口には、お目当ての文学フリマのポスターが。さあ、いよいよ中に入ります。

genka_convert_20131104194519.png
文学フリマ入口

 8月に行われたコミックマーケットの地獄を経験した人間からすれば、「過ごしやすい」会場だと思います。
 通路の間隔も広くとってありますし、文学系オンリーなこともあってか雰囲気も落ち着いていました。

 ただし本の杜よりも規模は大きいので回りきるのは大変です。
 そういう場合はパンフレット(なんと無料!)を読んで面白そうなサークルのブースを確認します。
 説明や名前だけでは面白いかどうかは分からない……そんな時は、二階のロビーにある立ち読みコーナーを利用。

mihon_convert_20131104194913.png
見本誌がずらり。

 サークル名よりも本そのものを重視した買い物ができました。

 お世話になった文芸サークルさん(特に成城大文芸部さん、大東文化大國文研さん、横浜市立大文芸部さん)のブースを一周してから、半ば自由行動のような状態でお昼を迎えます。
 立地上昼食をどうしようかが悩みの種でしたが、ちゃんと弁当屋さん(インド料理系?)が来てくれました! メンバーの中にはナンを食べた人も。

bentouhurima_convert_20131104194509.png
カレー弁当を箸で。でも美味。

 ちなみに私が選んだのはバターチキン弁当。
 美味しかったのですが、スプーンが届いて無いそうで箸で食べました。正直食べ辛かったです……(汗)
 
 大体午後一時半頃に一通りの買い物を済ませ、撤収することに。
 途中羽田空港直行のモノレールに乗ってしまうなどアクシデントはありましたが、無事大学に着きました。
 文学にかかわる色々な方と交流できたので、いい刺激になったと思います!


 では、ここでお世話になったサークルさんの文芸誌の簡単な紹介を。
『別冊 航海』
左は私が市立大の学祭でもらった文芸誌です。
 普通に書店に置いてありそう! 参考になります。
成城大学文芸部さん
seizyoudaigakusan_convert_20131104212333.png 
『萬華鏡』
普段の重厚な「萬屋夢幻堂」とは違った雰囲気の文芸誌。
学際でやってた喫茶店のクッキー、美味しかったです。
大東文化大学國文學研究会さん
kokubunnkennsann_convert_20131104194913.png 
『飄々 68号』
このほか個人的理由で文学研究誌も頂きました。
本の杜4でお会いしたのを覚えていてくださり感激です。
埼玉大学文芸部さん
saitamasann_convert_20131104195331.png 
『2013 むつめ号』
Lesezeichenという格好いい名前の文芸部さん。
凛々しい狐の絵が可愛らしいです。
明治学院大学文芸部さん
meizigakuinnsann_convert_20131104205945.png 
『白金文学 56号』
可愛らしい装丁の文芸誌です。
結構リア充してて悲しい(何)
中央大学文学会さん
tyuuousann_convert_20131104210059.png 
『素通りテラス』
複数のコースに分かれて活動しているそうです。
作家さんを呼んで講演会もしているとか。
同志社文芸同好会さん
dousisyasann_convert_20131104194359.png 
『紫 vol.8』
わざわざ関西からこちらに来ているそうです。
私の父が同志社出身というだけのこじつけで挨拶。
立教大学文芸批評研究会さん
rikkyousann_convert_20131104195008.png 
『文/芸 vol.4』
文芸ではなく文芸批評と言う部分に興味がわき購入。
小説、批評、更に詩歌まである読み応え抜群の文芸誌です。
 そのほかにも様々な文芸誌・本が販売されていましたが、とりあえずブログ担当の私が文芸誌を頂いたサークルさんの紹介にとどめておこうと思います。
 文学フリマはこうした文芸サークル・文芸部さんとお話や文芸誌の交換をするのにとても適していて、次かその次の文学フリマに私達も参加できたらいいな、と思ってます。
 応対してくださったサークルの皆さん、本当にありがとうございました!
 さあ、常盤祭も明日で終わりです。
 売り切れる前にお早めに!

(ぶっちょ)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。