【横浜大学文芸部】 文フリ出展告知ページ 【乾いた風が吹いた】

               乾いた風が吹いた

 画像の通りです。

 我らが伽藍堂も「横浜大学文芸部」の末席として、秋の文学フリマに出展する合同誌の作成に参加させていただく運びとなりました。前作「港未来」に続いて、二回目の参加であります。

 さてこの合同誌ですが、特に何の規定もなかった前回と異なり、今回はある縛りが付加されました。

 それが画像上部にある「乾いた風が吹いた」です。

 合同誌に寄稿する作家さんたちは、皆この書き出しで話を始めなければなりません。湿っていてはダメです。私などはこれをより徹底するため、執筆中は常にエアコンを除湿モードで稼働させ、湿度50%以下の環境を保っています (はい、これを指して電気の無駄と言います)。

 同じ書き出しから、どのように発展するのか。楽しみですね。

 ――乾いた風が吹いたとき、物語は動きだす――

 (みみざる)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR