みみざるれぽーと⑱

 お久しぶりです。みみざるです。

 かれこれ7時間ほど記事作成画面と向き合っていますが、話がまったくまとまりません。困った。

 と、とりあえず、文フリの告知でも。

 5/1(日)の文学フリマ東京に、新刊『まどろみとぜんまい』を携えて参加します! 興味のある方は是非ブース【ケ-7】にお立ち寄り下さい。

 はい。前回の奏雨さんのコピペですね。いや、マジで、何をどう書いたらいいのか分からんのだ。

 前回に乗っかるとして、好きな戦国武将なら、僕の場合、鍋島直茂公について書くことになるわけですけども、二回連続で戦国武将の話をしてもアレだなぁという感じもしますし、何より7時間の試行錯誤の中で上手くまとまらなかったので止めにします。

 好きな◯○で「え? 誰それ?」となった話なら、僕の場合、好きな三国志の登場人物で「賈詡文和」と答えたときのことが該当するわけですけども、やっぱり7時間の試行錯誤の中で上手くまとまらなかったので止めにします。奏雨さん同様、気になる人は調べてみてネというスタンスで。

 とすると事故紹介の話……? といっても、僕は事故るほど真剣に自分を売ろうとしたことがないんですよねぇ。

 あ! 一件ありました。中学時代末期、高校入試の面接試験対策で、その練習をやっていたときのことです。

 僕は面接官(の役をする中学校の先生)に「中学校での一番の思い出は何ですか?」と聞かれました。練習とはいえ、こんな下らない質問をされたにもかかわらず、ツバを吐くのを我慢した僕は偉いと思います。

 仕方なく、掃き溜めの鶴を探す作業を始めました。けれど、やっぱりゴミしか出てきません。

 どうせ練習だし。真面目にする意味ないし。段々どうでも良くなってきて、僕はこう答えました。

 「友人に醤油を飲ませたことです」

 中学時代、他人の水筒を勝手に飲む奴がいました。特に僕はやられていました。そこで、僕は一計を案じました。水筒を二つ持って行ったのです。片方は自分用に飲用水を、もう片方はトラップとして、唐辛子を二時間くらい煮つめた激辛醤油を入れて。

 これが驚くほど綺麗に決まりました。いやぁ、あのときは本当に気持ちよかった。「おい、やめろよ。勝手に飲むなよ」とわざとらしく言ってみせる僕の目の前で、奴はまんまと醤油入りの水筒に口をつけました。直後、顔色を変えて教室を飛び出していった友人を見て大爆笑したものです。

 この一件は程なくして先生にバレましたが、僕は「自分の水筒に何を入れようと自分の自由だ」という極めて真っ当な理由を一貫して主張し事なきを得ました。むしろその友人の素行を知っている担任からは、「よくやった」と褒められました。

 ちなみにこんなエゲつない変化球をぶつけられたにも関わらず、面接官(役の先生)は顔色一つ変えませんでした。真面目な方だったんですね。「面白い話だが、入試の面接で語るには適さない」的なアドバイスをくださいました。

 今思い返しても、馬鹿だったなぁと思います。先生によっては怒鳴られてましたよ。あんなのはね、適当に運動会とかほざいとけばよかったんです。でもね、中学生だからね。仕方ないね。


 (みみざる)

突撃! 隣の文芸部〜The Writers Next Door〜

きいて驚けみて笑え、みなさんこんばんは! 
演劇やらビッグバンドやら映研上映会やらその他諸々に招待されて身体がいくつあっても足りない……そんな幸せな悲鳴を上げているはぎわらがお送りします!(企画・編集その他を担当させていただいた新刊も売れ行き好調で、ただいまうれしい悲鳴と奇声と嬌声を絶賛発声中です!) 

本日はフェリス女学院大学文芸部さん『喫茶ジャコランタン』、明治学院大学文芸部さんの『文藝喫茶』にお邪魔(というか五郎丸ばりの突撃をかま)させていただきました!
『ジャコランタン』では森鴎外の食べたと言われる『饅頭茶漬け』をご馳走になり、非常にバイタリティあふれるフェリス女子のみなさんにグッときました(グデグデと文章にしてしまうのが勿体無いくらいです、これは実際に会ってみないとわかりませんぜ!)。これからも末長くよろしくお願いします!
『文藝喫茶』ではスコーンとこだわりのコーヒーを味わいました。明学さんとは前々からお付き合いさせていただいていますが、バリスタ姿やウェイター(ウェイトレス)姿を拝見するのはすごくフレッシュで……モダンな空間構成とともに、とっても癒されました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ また行くかもです!
もちろん、それぞれの新刊もゲットさせていただきました。じっくりと読ませていただきます! 

横浜国大の大学祭『常盤祭』は二日目を終えまして、明日が最終日となってしまいました。ご予定にゆとりのある方は、ぜひいらしてください!(これがまた平日なんですが 苦笑) 
「明日は都合ダメだ! でも新刊は欲しい……」という方にもご朗報です! 僕たち伽藍堂は、11月23日に開催される『文学フリマ』にブースを出店いたします。 ぜひ会場で言葉を交わし、紡ぎあえることを心待ちにしています!

それではまた! はぎわらがお送りしました。

伽藍堂日誌⑤

 どうも。最近よくバニッシュしてるみみざるです。

 金曜の更新停滞のお詫びを月曜分で補填しようと名乗りを上げていたこと、今の今まで完全に忘れていました。奇術師の名は僕が襲名したほうがいいかもしれません。

 ま、どうせ茶菓子部長もブログのことなど忘れていると思うので大丈夫でしょう。更新を頼んだだけで満足してますよ絶対。

 さて、本題に入りますか。

 伽藍堂は早くも秋の学園祭に向けて準備を始めました。

 具体的には、秋に出す新刊や学園祭での出し物についての話し合いですね。

 新刊に関しては、いつぞやも言っていたとおり 男色 暖色と寒色に分けたテーマ別の本を出します。タイトルまで一応決まったんですけど……これは今言っていいのかな? まあ実物が届いてから写真と一緒に載せたほうがインパクトもありますし、そうすることにしましょう。

 学園祭での出し物は、最近の恒例に従って喫茶店……と見せかけて甘味処になりました。どう違うのかと言えば、若干”和”成分が上がっている……くらいですかね。和菓子を中心としたメニューと和っぽい装いでお送りする予定です。あ、あくまでメインは文芸誌の販売ですので。お間違えのないように。

 こんな感じですかね。

 記事の内容は秋のことばかりですが、現実世界は夏に移ろわんとしております。暑いですよねぇ、最近。本気で殺しにかかってきてますよ地球が。

 なので、この星の殺意に負けないよう、皆様お体には気をつけてくださいね。

 気をつけつつ、原稿を上げていきましょう! その前にテスト? 何のことでしょう?

(みみざる)

伽藍堂日誌④

【お知らせ】

 伽藍堂は本日を持って
        ホラー研究会へと転向します!


 これからはホラー映画の鑑賞やホラゲ実況などを行っていきたいと思います。

 新生伽藍堂最初の活動は、来週月曜日の放課後、『仄暗い水の底から』の鑑賞会。現役、OB・OGを問わずこぞってご参加ください。
 
 皆様につきましても、今後共ご愛好のほどを何卒よろしくお願いします。

 ――――――
 ――――
 ――

 はい。もちろん嘘です。重要な事なのでもう一度言います。嘘です。

 でもこれから夏場ですし、ホラー系のイベントは面白そうですね。

 戯言はさておき、本題の活動報告に入ります。

 昨日は批評会がありました。まる。

 ……本題うっすいなぁ。

 Wofagiくんがすごかったです。まる。

 あんまりだと思ったのでもう一文。この二文で大方のことは伝わると思います。まる。

 ついでに今後のことを記しておきましょう。

 今年の一大イベントである文庫本ですが、ようやくテーマが決まりそうです。

『男色』『暖色』『寒色』です!

 暖色はほっこり心温まる話や、ガンガン胸熱系のもの。そしてBL。

 寒色はしんみり切ない話、あとホラーやグロ系もこちらに分類されます。

 まだ完全な決定ではありませんが、茶菓子部長の衆道主導のもと、この方向で進めていく予定です。

 個人的にも、最もゆるい縛りでテーマ性を付加できるこれは良いものだと思っています。

 こんな感じでいいですかね?

(みみざる)

うん、まあ……はい。

 月曜の出現は久しぶりですね。みみざるです。

 今日は批評会がありました。はい。

 ……………………。

 ………………。

 …………。

 ……すみません、今眠くて頭が全く働いていないので、本格的な更新は明日にします。はい。
Twitter
プロフィール

横浜国立大学文芸サークル

Author:横浜国立大学文芸サークル

横浜国立大学文芸サークル“伽藍堂”の公式ブログです。
サークル活動を報告していきます。
メンバーの作品も載せていくかも!?

Twitterアカウントもあります。
@ynu_bungei です。フォローミー!

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは 人目の訪問者です。
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR